オモウガママニ <シーズン2>
http://omomamaseason2.blog133.fc2.com/
 

ao

Author:ao
いらっしゃいませ。
かみまくるダンナと2人暮らし。
気が向いた時とテンション上がった
時に更新予定です。

関西から関東へと流れて参りました。
慣れてきたようなそうでないような日々。

プロフィール画像はKEISUKE'S ILLUSTさんより。お気に入りです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

 

 

 

QR

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2010.07.31(Sat) 01:00
暑いっすね。
この暑さにやられているようで、どうも体調がよろしくありませんわ。
寝てばっかり。いっつもやけど。

先日やっとこさ、トイストーリー3を観ました。3Dで。

現場に到着するまでは、なんでこのクソしんどい時に
観に行こうなんて思ったんやろ?なんて半分泣きながら
電車に乗ってたんですが、着いてしまえばクーラーガンガン効いてるわ
トイストーリーやわでテンション上がってきまして…
以前から入るか否か悩んでいたTOHO CINEMASの
マイレージ会員なんか入っちゃったり、
でっかいポップコーンとトイストーリーのボトルに入った
ジュースを買ってみちゃったり。


toystorycup


映画の内容についてはネタばれしてしまうんで後に置いとくとして
3Dについて。

わたしのお顔は鼻が低くて目が出てるんですわ。
しいて言うなら○です。まる。顔面球体。

日焼けしたら鼻が焼けずにほっぺが焼ける。
日焼け後に友達大爆笑ってことも過去にあり、
未だに思い出して涙目で笑ってやがるし。

3Dのメガネっていうのが、大きくて重くて調節が効かない。
一応、紐で調節して下さいってことになっているんですが
その紐をキューっと縮めると鼻がないんで
でっぱった目に当たって、見えない見えないって感じになるんですね。

で、上記で日焼け後大笑いした友達とダンナと観に行ってたわけですが
また2人して私の3Dメガネ姿を観て大笑い。

悔しいんでエア鼻頭で映画を見続けました。
要はずっとメガネを手で浮かせつつ観てただけですが。

ちっびこ達もあのサイズなのかしら?

3Dで観るトイストーリーはより立体的になって
それはそれは良かったんですが疲れた。

そのうち、映画なのに舞台とか観てる感覚で観れるようになるかな。
メガネなしで。
日本の頭イイ人たち、がんばってください。


以下映画の話は続きから。(小洒落た感じでread moreなんて書いてるわ)
観てない人でネタばれ嫌な人は見ないでください。
すっごい独り言になってます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

more

今回のトイストーリーには泣かされました。
泣く泣くとは事前の薄ら調べで観てたんですが泣いた。
一緒に行ったダンナと友達は泣いてる私を
おちょくってたくらいなんで泣かない人は泣かないようですが
私はトイストーリーへの愛の大きさの違いだと自己解決。

アンディがボニーにおもちゃたちを渡してるシーンで大泣き。
ウッディを渡すのためらってるところがとくにね。
私のウッディ、いくら甥っ子がおねだりしてもあげられへんもん。
そういう問題でもないけど…

今回何がビックリしたって、ロッツォ(ピンクのくまちゃん)が
悪い子やったってことです。
キャラだけでエエ子のはずやと思いこんでグッズ先買いしてたわ。
彼はくくりつけられたまま何処に行ってしまったんでしょうね。

笑いどころは。
トルティーヤポテトヘッド。きゅうり(ピクルス?)バージョンで鼻水でた。
映画館で大笑いした。
バービーとケンもエエ味だしてた。
実際発売されていたバージョンらしいです。

後半のスペイン語バージョンのバズも良かったわ。
ジェシーとのフラメンコ?風なダンスもフラメンコを
愛する私としてはサイコーって感じでした。
けどね、バラ咥えて踊るのはやめなはれ。
伝えやすいんやろけどさ。
そんなこと言ってもバラくわえたバージョンの
ジェシーが出たら間違いなく買ってると思う。うん。

最後にウッディが屋根裏行きのおもちゃの段ボールに
入り込む前にメモに何か書いたのが気になりませんでしたか?

本屋でトイストーリー3の絵本をみつけて読んでいたら
しっかり描いてました。
バニーの住所と「ここへ寄付するように」って書いていたようです。

遊んでもらえる人生を選んだっちゅうのが本のほうが
はっきりでてました。

うちのおもちゃもたまに遊んでやろ。


大人やから寄付するとかはない。
そのへんは大人になりきられへん。





関連記事
スポンサーサイト

 

 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 タマニネ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。