オモウガママニ <シーズン2>
http://omomamaseason2.blog133.fc2.com/
 

ao

Author:ao
いらっしゃいませ。
かみまくるダンナと2人暮らし。
気が向いた時とテンション上がった
時に更新予定です。

関西から関東へと流れて参りました。
慣れてきたようなそうでないような日々。

プロフィール画像はKEISUKE'S ILLUSTさんより。お気に入りです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

 

 

 

QR

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2012.04.16(Mon) 18:39
もう葉桜になってきましたね。

これはちょっと前の多摩川河川敷。

ちょうど満開でした。

多摩川桜

えっちらおっちら海方向へと
羽田空港近辺に着きました。


羽田鳥居1


不思議な鳥居だけの場所へ。

なんかおもしろくって好きなの、ここ。
飛行機も見えるし。

穴守稲荷神社ホームページより

羽田空港建設以前、羽田一帯は漁師町だった。穴守稲荷神社は、1818年に洪水から近隣一帯を守るために建立され、以来、五穀豊穣・商売繁盛の神として、日本全国から参拝者が後を絶たない人気神社として勇名を馳せた。羽田-品川間を結ぶ京浜急行電鉄は、この神社の参拝用電車として誕生したほどだから、その隆盛ぶりが伺える。羽田一帯は、もともと穴守稲荷神社の門前町でもあった。
戦前は今の羽田空港内の位置に鎮座していた。しかし、終戦を迎え、近隣地区の住民たちが強制退去されたのと同時に現在地へと移転。だが穴守稲荷神社の大鳥居だけは撤去されず、長らく旅客ターミナルビル前面に残されていた。何度か取り壊しや移転案も出たのだが、その度に工事関係者の事故が相次ぎ、祟りを恐れてか撤去出来ずにいたのである。その鳥居も1999年の羽田空港新滑走路整備時、ついに多摩川と海老取川の河口に移された。徒歩で行ける羽田空港の最端の場所で、大鳥居は今でも近隣一帯を見守っている。




怖いわっ

こんな都市伝説(否、マジ話か?)がありながらも
壊れたまま放置されているのはちょっと切ない…

どこが直すかでもめているような
立て看板がかかってました。

なんだかカラフルになっちゃてるし。


羽田鳥居2


なぜかタヌキが置いてあったんで
鳥居と共に撮ってみる。

お稲荷さんの鳥居だったのにね。
タヌキと一緒でもいいのかな。

寂しくなくっていいのかしら?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

 

 
Copyright © 2012 タマニネ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。