オモウガママニ <シーズン2>
http://omomamaseason2.blog133.fc2.com/
 

ao

Author:ao
いらっしゃいませ。
かみまくるダンナと2人暮らし。
気が向いた時とテンション上がった
時に更新予定です。

関西から関東へと流れて参りました。
慣れてきたようなそうでないような日々。

プロフィール画像はKEISUKE'S ILLUSTさんより。お気に入りです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

 

 

 

QR

 

 
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

2012.02.24(Fri) 00:32
渋谷の文化村で1人映画観てきました。

どうしても観たい映画でして、関西の友達にも
先に行ってどんなんだか教えて!と言われてたので
(東京の方が公開時期が早い)がんばった。

ひきこもりのプチ冒険。

1人海外より緊張するわ、渋谷。
若い頃は平気やったのにね。

若いエキスが街中漂ってましたよ。
吸うてきた吸うてきた、若いエキス。

そんなことはどうでもよくって
映画観てきました。(聞いたって?)

カルロス・サウラ監督のflamenco・flamenco

iphone_20120223210607.jpg

<本作でフラメンコを通して描かれるテーマは「生命の旅と光」。生命の旅とは、“音楽に乗って人間の一生を巡る”ことである。カルロス・サウラ監督は、人の誕生から晩年そして甦りまでを、多彩なフラメンコのパロ(曲種)を用い、全21幕の構成で描き出す。
誕生<アンダルシアの素朴な子守唄>から始まり、幼少期<アンダルシア、パキスタンの音楽とそれが融合した音楽>、思春期<より成熟したパロ>、成人期<重厚なカンテ>、死期<奥深く、純粋で清浄な感情>そして、希望ある再生へとつなげ、命のよみがえりの期待を抱かせる。>

「フラメンコ・フラメンコ」サイトより引用。



プチ迷子になったおかげで
時間が大幅に空いてしまったんで
パンフレット買って予習。

フラメンコ、好きな割にはよくわかってないんで
パンフレット大活躍です。

映画は…映画というより舞台観てる感じでした。

影がかっこよかったー。
光じゃなくて影。

”光の魔術師”ヴィットリア・ストラーロという人が
撮影監督だったようです。(光やん…)

全21幕構成。
見ごたえありました。

ありすぎで、疲れました(笑)

すっごく詳しい人に横についてもらって
解説付きでみたいわ。何回も巻き戻して。

語れるほど詳しくないのが
せつないところですが
興味ある方は観に行ってみて~。


生で観るのが一番だけどね。

こんなラインナップを生でみれることなんて
ないだろうから映画で充分。お腹一杯。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村








スポンサーサイト
 

 

2010.11.06(Sat) 00:00
toystorydvd

注文してたDVDがやってきた。
ロッツォかわいいのにオッサンキャラなんだなぁ。
隠れキャラ探してついでにもう1回泣こう。


シネマトゥディみてたら便利な機能をみつけた。

先日、ナイト&デイを観に行ったんで使ってみる。


ストーリー:ジューン(キャメロン・ディアス)はある日、
えたいの知れない男(トム・クルーズ)と思いがけない出会いを果たすが、
その男はジューンが夢に見た理想の男性どころか、
重要任務を負ったスパイだった。
予想外の裏切りや暗殺者による執拗(しつよう)な攻撃が日増しに強くなる中、
ジューンは男に対して疑念を抱き始める。

映画『ナイト&デイ』 - シネマトゥデイ



なーんにも深いこと考えんとみるのが楽しいこの映画。
キャメロンディアスはしわが増えてもかわいらしいし、トムクルーズも男前。
話の内容は深く突っ込むと???って箇所がいっぱいあるけど(笑)

CMでやたらやってた「MA~X」ってキャメロンがバイクを運転するトムに
またがってピストル打つシーンが本編では微妙に違っていた気がするんだが
私が見逃したのか?そこだけが疑問。




 

 

2010.09.22(Wed) 00:30
ここんとこ観たの忘れる前に映画続ける。
そのうち飽きる予感。

THE LAST MESSAGE 海猿

2010年10月、福岡沖の巨大天然ガスプラント施設レガリアに、
高波にあおられた海洋掘削装置が激突し、大事故が発生する。
第十管区海上保安本部機動救難隊の仙崎大輔(伊藤英明)、
バディの吉岡(佐藤隆太)らは施設に向かい要救助者の救出を行うが、
予想外の爆発が起こり、大輔たちはレガリア内に取り残されてしまう。




ダンナが観たいと言うのでついて行ってみた。
海軍とか空軍とか海上保安庁とかシークレットサービスとか好きみたい。

またもや3D。
ちょうど良い時間がそれしかなかったのね。
メガネに目が当たる…

今回はほんとに3Dいらない。
意味ない。
始まる前のCMのポップコーンが一番飛び出てきてた。
ダンナ、ポップコーン掴もうとしてた。
恥ずかしいからヤメレ。

前々作はテレビで、前作は観てなかったんだが
十分楽しめた。迫力満点だったし、展開も良かった。
全部観てたらもっと感情移入できたろうに…
ダンナは泣いてもたって言うてはりましたわ。
隣のお姉ちゃんもひきつけ起してるんかってくらい泣いてた。
熱い映画でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村











 

 

一昔前、映画にはまって観まくっていたんだが
最近、ちょっと復活。

いや~映画ってほんとにおもしろいですね。

しかしながら、観たものを片っ端から忘れていくという
鳥の脳みそを持ち合わせる私の為に簡単に記録しとこかなと。
ま、何回観てもオチを忘れてまた楽しめるんだが。




食べて、祈って、恋をして

ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス
(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、
すべてを捨てて自らを探す旅に出る。
イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは
精神力を高めるべくヨガと瞑想(めいそう)に励む。
そして、最後に訪れたインドネシアのバリ島では、
彼女の人生を大きく変える出会いが待っていた。




旅行好きでしょ?観てみる?と、試写会に誘ってもらった。
CMとジュリアロバーツが珍しく日本に売り込みに来てたのが
気になってたんで2つ返事で観に行った。

これね、久々に期待を裏切る合わない映画でした。
きれいな風景とか、人が成長していく姿とか
ちょっと期待してたんだが…

ストーリーの展開も無理やり風だし
イイ大人の女性が意味のわからん旅を豪華に繰り広げて
我がまま持論でごり押しよ~ってな感じに
受け取ったんですが、見かたを間違ったんでしょうか?
隣に座っていたお姉ちゃんは所々で号泣してはったから
私がきっとウガッタ見かたしてるんだわ、うん。

けど、こんなメンドクサイ人が近くにいたらヤダなぁと
思った映画でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



 

 

2010.07.31(Sat) 01:00
暑いっすね。
この暑さにやられているようで、どうも体調がよろしくありませんわ。
寝てばっかり。いっつもやけど。

先日やっとこさ、トイストーリー3を観ました。3Dで。

現場に到着するまでは、なんでこのクソしんどい時に
観に行こうなんて思ったんやろ?なんて半分泣きながら
電車に乗ってたんですが、着いてしまえばクーラーガンガン効いてるわ
トイストーリーやわでテンション上がってきまして…
以前から入るか否か悩んでいたTOHO CINEMASの
マイレージ会員なんか入っちゃったり、
でっかいポップコーンとトイストーリーのボトルに入った
ジュースを買ってみちゃったり。


toystorycup


映画の内容についてはネタばれしてしまうんで後に置いとくとして
3Dについて。

わたしのお顔は鼻が低くて目が出てるんですわ。
しいて言うなら○です。まる。顔面球体。

日焼けしたら鼻が焼けずにほっぺが焼ける。
日焼け後に友達大爆笑ってことも過去にあり、
未だに思い出して涙目で笑ってやがるし。

3Dのメガネっていうのが、大きくて重くて調節が効かない。
一応、紐で調節して下さいってことになっているんですが
その紐をキューっと縮めると鼻がないんで
でっぱった目に当たって、見えない見えないって感じになるんですね。

で、上記で日焼け後大笑いした友達とダンナと観に行ってたわけですが
また2人して私の3Dメガネ姿を観て大笑い。

悔しいんでエア鼻頭で映画を見続けました。
要はずっとメガネを手で浮かせつつ観てただけですが。

ちっびこ達もあのサイズなのかしら?

3Dで観るトイストーリーはより立体的になって
それはそれは良かったんですが疲れた。

そのうち、映画なのに舞台とか観てる感覚で観れるようになるかな。
メガネなしで。
日本の頭イイ人たち、がんばってください。


以下映画の話は続きから。(小洒落た感じでread moreなんて書いてるわ)
観てない人でネタばれ嫌な人は見ないでください。
すっごい独り言になってます。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




 

>>>Read more

 

 
Copyright © 2017 タマニネ, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。